女性ホルモン増やすサプリ!これがおすすめ!

女性ホルモンを増やすサプリのおすすめ

女性ホルモンが与える心身への影響

 

<女性ホルモンが体調と感情に影響している?>
女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンに分類されています。このホルモンは女性の体内で、順番に増えたり減ったりしています。エストロゲンとプロゲステロンでは、周期の中で分泌される時期の他体への働き方が違います。どのように違うのか詳しく見ていきましょう。

 

<女性ホルモンの分泌サイクル>
女性の生理周期と一緒に女性ホルモンの分泌を見ていきましょう。

 

1、生理期
女性の体内では着床が成立されないとき、妊娠のための準備で厚くなっていた子宮内膜がはがれ落ち体外へ出されます。これが生理(月経)です。生理は4〜7日続くのが正常範囲内と言われています。

 

2、卵胞期(低温期)
生理が終了した頃から、エストロゲンが増え始めます。生理前から生理中にかけて起きていた体調不良や憂鬱感が解消されています。エストロゲンは肌の調子を良くしたり、新陳代謝をよくするのでダイエットに効果的な時期です。基礎体温を測ってみると大体36.5度以下が平均のようです。

 

3、排卵期
妊娠するための卵、卵子(らんし)が卵巣で育ち、卵巣から子宮に移動します。

 

4、黄体期(高温期)
この頃からプロゲステロンが増え始めます。プロゲステロンは、排卵後の卵子から分泌されています。再び妊娠するための準備を始めます。子宮内膜が厚くなり、水分を溜め込むこみやすい体に変化します。そのため、浮腫や気だるさ、眠気などの症状が起きます。

 

感情面にも変化があり、情緒が不安定になったり、イライラして落ち着かなかったり、憂鬱になったりします。基礎体温を測ってみると大体36.7〜37.0度前後が平均です。

 

女性の体内はいつ赤ちゃんができても良いように、妊娠の準備として毎月このようなサイクルが繰り返されています。女性ホルモンの分泌が毎周期順調でありバランスが良いと、生理周期も順調であり、生理前や生理中の症状も比較的軽く済むことがほとんどです。しかし、ホルモンのバランスが崩れると、生理不順になったり、体調不良が重かったり長引いてしまうことに繋がります。

 

頭痛や腹痛、気だるさが酷いと寝込んでしまったり、イライラや憂鬱が酷いと情緒不安定になり、周りの人達にまできつい態度をとってしまったりします。

 

何故生理前の体調や気持ちのバランスが崩れてしまうのかというと、寝不足などの生活習慣、冷えなども関係していますが、一番は精神面ではストレスや悩みを抱えることが大きいです。特に神経質、心配性の人は生理の症状が思いなどと言われています。

 

女性ホルモンのバランスを整えるためには、原因であるストレスや悩みを解消することがなによりも大切です。他にも、アロマテラピーやヨガは自律神経を整えますし、、ツボを刺激して女性ホルモンを増やす方法もあります。とくにおすすめなのは女性ホルモンの分泌を促進してくれる、「マカ」というサプリです。女性ホルモンの生成に必要な栄養がたくさん含まれており、副作用も少ないので使用しやすいです。

 

 

女性ホルモンと大人ニキビ

 

<大人ニキビ>
大人だけどできてしまったニキビを「大人ニキビ」と呼びますが、ニキビができるすごく憂鬱だし、痕が残らないか心配になるのは大人になっても同じですよね。気をつけていてもできて繰り返してしまうニキビには女性ホルモンが深く関わっています。女性ホルモンがお肌に与える影響と、ニキビの予防方法、症状を和らげる方法をご紹介していきます。

 

<女性ホルモン>
女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のものに分けられています。エストロゲンは生理終了頃から分泌されるホルモンです。この頃から女性のカラダは体調が整ってきて、お肌の調子が良くなります。皮脂分泌を抑え、きめ細かい肌の状態です。排卵期を過ぎた頃からエストロゲンの分泌が減り、今度はプロゲステロンの分泌が増え始めます。

 

プロゲステロンが増え始めると体内に水分を溜め込むようになるので浮腫みやすくなります。皮脂分泌が促進され、お肌が荒れやすくなります。生理前に体調が優れない、お肌が荒れていると感じるのはプロゲステロンの働きの影響だとされています。

 

しかしこれは一説であり、実際はそうではないとする意見もあります。この女性ホルモンの分泌は女性の妊娠・出産に必要な大切な流れです。このバランスを正常に整えて保ちつつ、エストロゲンの肌にもたらす良い影響を利用することが、お肌の悩みやトラブルを解決に導くカギとなるというわけです。

 

<大人ニキビの原因>
そもそも大人ニキビの原因って何なのでしょうか?みなさんはご存知ですか?ニキビというのは、毛穴が角栓で詰まって皮脂が溜まることで起きます。つまり、汚れによって毛穴が塞がってしまうことで炎症を起こしている状態です。何故毛穴が塞がれてしまうのかというと、肌の潤いを守ってくれる、肌が天然で作り出している天然保湿因子が失われるためです。

 

また、肌を外からの刺激や汚れから守ってくれるセラミドなども失われてしまうと、毛穴が汚れで塞がれてしまうのです。この大切な天然保湿因子やセラミドといった「肌バリア」などは、男性ホルモンの働きによって失われてしまいます。男性ホルモンの働きも体に必要なものなのですが、お肌のバリアを壊してしまうことも事実です。では男性ホルモンからどうやって「肌バリア」を守ればよいのでしょうか。

 

<エストロゲンが肌バリアを作る>
そこでエストロゲンが活躍してきます。エストロゲンは、男性ホルモンが天然保湿因子やセラミドなどが作り出す「肌バリア」を、逆に強化してくれるホルモンでもあるのです。お肌の水分をしっかりと保ってくれますし、肌を清潔な状態に保って汚れが溜まりにくい状態にしてくれ、毛穴が塞がりにくくなります。

 

顔が油っこいとニキビができやすそうと思うかもしれませんが、皮脂の分泌が多くてもよごれが毛穴を塞がなければニキビになることはありません。つまり毛穴を塞ぐ原因のよごれから肌をバリアしてくれる成分がとても大切!そのためには肌のバリアを強化してくれるエストロゲンが重要だというわけなのです。ニキビのできにくいお肌環境に整えてくれる、すごい働きをしてくれるホルモンですね!

 

 

このように、女性ホルモンのバランスを整えることはニキビの予防や治療に導くのです。上でも書いたように顔が油っこい(皮脂の分泌が多い)とニキビができやすそうと思うかもしれませんが、もっと深い原因は肌を守ってくれる成分の働きが失われることにあります。

 

乾燥したり、汚れが溜まることで、毛穴が塞がれてしまって肌が炎症を起こします。毛穴を塞がないためには女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの働きを正常に保ち、活発にさせることが近道なのです。エストロゲンの分泌を増やす方法を一緒に活かして、大人とニキビに悩ないお肌作りをしていきましょう!

 

食事でホルモンバランスを整える

 

人間の体は、食事が基本となって成り立っています。毎日食べる食事に内容によって、体や肌の状態が変わってきます。また、ホルモンバランスにも影響があるので、日常的に取っている食事の内容を見直してみましょう。女性にありがちなのが、ダイエットによってホルモンバランスが乱れるケースです。

 

食事量を極端に少なくすると、体に必要な栄養が不足して、少ない食事量のほとんどは生命維持に使われることになります。そのため、ホルモンを分泌させる作用を弱めてしまうので、生理が止まってしまう場合があります。

 

このようなダイエットは、体に負担をかけたり、精神的に不安定になったりするので、食事を極端に減らすダイエットはやめるようにしましょう。また、女性の社会進出などによって、強いストレスや過労によって、ホルモンバランスが乱れる場合も多く、そのために体にも精神的にも不安定な状態になりやすくなります。

 

ホルモンバランスは、とても繊細で生活習慣や食習慣が乱れると、すぐにホルモンバランスも乱れるようになります。それはわかっていても、ホルモンのバランスの取り方はあまり知らないということもあるでしょう。まずは、食事の内容に気を配ってみましょう。

 

女性ホルモンのバランスが乱れていると、生理の周期が乱れたり、月経前症候群や更年期の症状を重くしたりする可能性があります。それを防ぐには、大豆に含まれる「大豆イソフラボン」を意識して摂取するとよいでしょう。豆乳を毎日飲んだり、納豆や豆腐を食事のメニューに加えたり、女性ホルモン サプリすると効率よく摂取することができます。

 

また、ビタミンB6は女性の代謝をよくする作用があるので、マグロやかつおなどを摂取し、ビタミンEは、細胞膜の酸化を予防してホルモンの分泌を正常にする働きがあるので、ナッツ類を摂取して、調理に使う油を植物油に変えるとよいでしょう。

 

食べるものにも気を配る必要がありますが、食事をする時間帯も規則的にすると、よりホルモンのバランスがよくなるので、不規則にならないように意識するとよいでしょう。